モロタイ島でモリンガ植林しました

3年前より取り組んでいるインドネシアの東北端にあり、日本にもいちばん近いモロタイ島に3月17日から19日まで、モリンガの植林に行ってきました。

世の中はコロナウイルスで懸念されているなか、インドネシアの状況が良くわからなかったので行ってきました。

想像以上に警戒されているようで空港では厳しいチェックや問診をされ、想像以上に警戒されていることを実感しました。

モロタイ島の天候は快晴で程よい風が吹いて、とても清々しく気持ちの良いゆったりした時間が流れていました。

昨年植えたモリンガの状況を確認することとその前に植えたものの確認をすることと今年の植林をするために行きましたが、残念ながら昨年の4月以降の雨のない天候が続いてほとんどが枯れてしまったようで残念でした。その前に植えたものは想像以上に良く育っていて大変驚きました。

今年はこの反省から灌水用のくみ上げポンプとホースを購入手配しましたので、季節に影響しないモリンガの植林ができるようになります。ポット苗は行った時に2000本分ポットに土を入れ、種をまいてきました。約12~14日で高さ20cmぐらいの苗に育つので、実際の植林は4月初めになる予定です。今回は、前回の残りの苗(1mぐらいの苗)を20本ほど植えてきました。

この場所では20000本を順次植えてモロタイ島の換金作物のない農民のお役にたてるようにモリンガ産業の育成を目指す拠点にしたいと願っています。この土地は現在の地名「Nakamura」と呼ばれている土地で、大戦のときの日本軍が占有していた土地だそうです。第二次世界大戦の犠牲者の皆様と、中村輝夫さんのメモリアルになればと願っています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


YAHOO!ネット基金

生命(いのち)の森づくりプロジェクト

今、世界中の森林が減少を続けています。なかでも、地球上の生物種の約半数が生息し、多種多様な生態系を育(はぐく)む熱帯雨林は危機的状況にあります。

NPO法人アジア植林友好協会では、インドネシア・カリマンタン島で、豊かな熱帯雨林の再生を目指し「生命(いのち)の森づくり」プロジェクトとして植林活動を進めています。皆さまのご支援ご協力をお願いいたします。


国連環境計画(UNDP)の
植樹キャンペーンは2007年からは
小学生の活動に移譲され、子供の環境大使が
2020年までに10兆本の植樹をめざし活動しています。
私たちはこの活動を支援しています。

ページ上部へ戻る