さまざまな参加方法

地球を生き返らせるために植林が必要、そうわかっていても、植林に参加するにはどうしたらいいの?アジア植林友好協会では、普段の暮らしの中で気軽に参加できるものから企業の社会貢献活動の一環として参加するものまで、様々なプロジェクトや活動を通じて、植林を行っています。子供たちの未来のために、地球環境を守るために、あなたの参加・支援が必要です。

プロジェクトに参加しよう

5,000円で チークの立木権確保とメランティの植林寄付ができ、10年間で約1.41tのCO2が吸収されます。

PayPal – オンラインでより安全・簡単にお支払い
1口3,000円 あなたの排出する二酸化炭素を吸収してくれる2本を植林できます。

5,000円で あなたの排出する二酸化炭素を吸収してくれる2本を植林できます。

500円で バリ島に1本植林ができ、毎年約10kgのCO2が吸収されます。

1通1円で 経費節減できたDM1通につき1円で、1000通毎に1本の植林を実行します。

 

 

現地植林体験ツアーに参加する
熱帯雨林の現状をこの目で確かめ、自らの手で木を植える。こうした体験を通じて、皆さんに森林の問題をより深く理解していただくため、年2回のペースでツアーを開催しております。ツアーには、体験植林をはじめ、オランウータン リハビリセンターの見学や、残された熱帯雨林の散策などさまざまなプログラムを盛り込んでいます。
企業で植林に参加
アジア友好植林協会では、企業による植林への参加を様々な形でバックアップさせて頂いています。これまでに、多くの企業に社会貢献活動の一環として、植林・環境保護活動を支援して頂いております。また植林体験ツアーを、社員研修として環境スタディツアーなどのアレンジも致します。
ボランティアに参加しよう
アジア植林友好協会では、イベント出展など、植林に関する様々な活動をお手伝いして下さる、ボランティアを募集しています。
AGFNの植林活動を支援する
AGFNの植林活動は皆さまのご支援により行われています。植林をより一層拡大していけるよう、皆さまからのご寄付を募っています。ぜひ、ご協力をお願い致します。

100円で 森林再生のために1本の苗木を買うことができ、10年で100kg以上のCO2を吸収してくれます。

 

YAHOO!ネット基金

生命(いのち)の森づくりプロジェクト

今、世界中の森林が減少を続けています。なかでも、地球上の生物種の約半数が生息し、多種多様な生態系を育(はぐく)む熱帯雨林は危機的状況にあります。

NPO法人アジア植林友好協会では、インドネシア・カリマンタン島で、豊かな熱帯雨林の再生を目指し「生命(いのち)の森づくり」プロジェクトとして植林活動を進めています。皆さまのご支援ご協力をお願いいたします。


国連環境計画(UNDP)の
植樹キャンペーンは2007年からは
小学生の活動に移譲され、子供の環境大使が
2020年までに10兆本の植樹をめざし活動しています。
私たちはこの活動を支援しています。

ページ上部へ戻る