生命の森づくりプロジェクト

アマゾン地域と東南アジアの森は「地球の肺」と呼ばれ、人類と地球の「生命」にかかわる大切な「森」=「生命の森」です。森は二酸化炭素を吸収し、酸素を放出します。その森が不法伐採や焼畑に よる移動耕作によってどんどん失われています。

そのために行き場をなくした二酸化炭素が温暖化を引き起こし、森がなくなり支えのなくなった土壌が雨と共に洪水を引き起こす。そうして、住処をなくした動植物は絶滅の危機に追いやられています。

壊した人間が何もしなければ
森は何百年ももとには戻らない

日本の国土には67%もの森林が残されていて、外国の森林が減少するなかで、緑豊かな国だと思われています。しかし、自国の森林を保護する一方で、高度成長期に海外からの安い木材を輸入し、アジアの森林を湯水のように伐採し消費したのは日本です。東南アジアの森林を今日のような状況に導いた責任は、私たち日本人にあります。

どんどん悪くなっている地球の環境に歯止めをかけて、少しでも住み良い環境を子供や孫に残せるように熱帯雨林を再生させることが、私たち日本人にとって、地球市民としての使命なのです。

 

森のない地球にあなたの子供や孫の未来はない

 

1989年にスタートした「生命の森づくり」は、これ以上の熱帯雨林破壊をくい止めるためにどのようにすればいいかを考えて、熱帯雨林再生の為に1本と地元民のための林業育成のために1本合計2本植えて1本を利用するというシステムで取り組んでいます。「天然林の再生と地場林業の育成」を目指し、(人類の永続的な生存のための)「持続可能な社会づくり」を実現をめざします。

豊かな天然林のあった時代から無残な草原になる過程を約40年見続けてきた体験から生まれた未来の子供や孫のためのシステムです。2003年開始から2016年3月末までに16,590本(セット)、合計本数=33,180本の植林を実行できました。修復された草原は199,159㎡、荒廃した二次林の修復は331,800㎡、合計=530,959㎡(役160,896坪)=東京ドーム約11.3個分修復することが出来ました。感謝!!

詳細はこちらから

☑ コミニティー林~地元民の収入機会を作り違法伐採を防ぐ~
☑ 熱帯雨林修復の森づくり~地球の気候安定のために熱帯雨林を再生
☑ 参加者の声 等


植林証明書には、あなたの名前だけでなく、大切な人の名前を入れて、贈り物にすることもできます。地球規模で「ありがとう。」を伝えられるプレゼントとして、ぜひご活用ください。

■ こんな使い方ができます
● 誕生日など記念日のお祝いに
● 結婚のお祝いに
● 出産祝いとして
● 故人をしのぶ思い出として
● 企業の創立記念品として
● 企業のお客様への感謝の証に
>>事業の一部として植林をご希望なら
「生命(いのち)の森づくり」に参加する
クレジット決済ご希望の方

クレジットカードまたはPaypalでお支払いいただけます。

銀行お振込みご希望の方

▼銀行振込をご希望の場合は以下の流れでお申し込み下さい▼

①「生命の森づくり」サポーター申し込みフォームより必要事項をご記入の上送信して下さい。
②申し込むをお受付次第、当協会より受付確認とお振込先のご連絡をメールにてさせて頂きます。
③申込み口数に応じた金額(1口=5,000円)を指定口座にご入金ください。
④ご入金が確認出来次第、お名前の記載された植林証明書をお届け致します。

緑豊かな地球を次世代に
「緑のマンスリーサポーター」を募集中!

自然のサイクルが、日々昼と夜を繰り返すように「自然環境を守る植林活動」は継続することが不可欠です。あなたの子供たちの時代にも思い切り呼吸ができるように、ぜひとも、あなたさまの日常生活の一部として継続的な植林支援をしていただきたく、「緑のマンスリーサポーター」を募集しています。

クレジット決済の方はこちらから


銀行お振込みの方はこちらから


>> 2014年末「生命の森づくり」報告書PDFはこちら

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


YAHOO!ネット基金

生命(いのち)の森づくりプロジェクト

今、世界中の森林が減少を続けています。なかでも、地球上の生物種の約半数が生息し、多種多様な生態系を育(はぐく)む熱帯雨林は危機的状況にあります。

NPO法人アジア植林友好協会では、インドネシア・カリマンタン島で、豊かな熱帯雨林の再生を目指し「生命(いのち)の森づくり」プロジェクトとして植林活動を進めています。皆さまのご支援ご協力をお願いいたします。


国連環境計画(UNDP)の
植樹キャンペーンは2007年からは
小学生の活動に移譲され、子供の環境大使が
2020年までに10兆本の植樹をめざし活動しています。
私たちはこの活動を支援しています。

ページ上部へ戻る