2020年世界平和の森づくりの報告書ができました

2020世界平和の森づくり報告

昨年の3月20にインドネシアから寄稿してから、コロナの感染拡大が収まらず、現地に行くことはできませんでしたが、2007年バリでの植林開始以来、協力してくれてきた地元の人たちが、現地でも移動制限があるなかでも、規制の無い時期に積極的に取り組んでくれて、例年よりは少ないですが、予定の本数、6458本を2020年12月、2021年1月、2月で完了することができました。

2020年度の世界平和の森づくりにたくさんの企業、個人の皆様のご支援、ご参加に心より感謝申し上げます。

みなさまのおかげさまで、次世代の人達に緑豊かな地球環境を引き継げることは大きな喜びです。感謝!

世界平和の森 植林

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


YAHOO!ネット基金

生命(いのち)の森づくりプロジェクト

今、世界中の森林が減少を続けています。なかでも、地球上の生物種の約半数が生息し、多種多様な生態系を育(はぐく)む熱帯雨林は危機的状況にあります。

NPO法人アジア植林友好協会では、インドネシア・カリマンタン島で、豊かな熱帯雨林の再生を目指し「生命(いのち)の森づくり」プロジェクトとして植林活動を進めています。皆さまのご支援ご協力をお願いいたします。


国連環境計画(UNDP)の
植樹キャンペーンは2007年からは
小学生の活動に移譲され、子供の環境大使が
2020年までに10兆本の植樹をめざし活動しています。
私たちはこの活動を支援しています。

ページ上部へ戻る