ポストコロナの健康生活―記事掲載

生活・環境・文化のフリージャーナル(エムアンドエム)に
「ポストコロナの健康生活」についてモリンガの事について記事が掲載されました。

コロナ禍は世界中の人々に日常生活の全てについて、
今一度、立ちどまって考える時間を与えてくれています。

持続性の無い現代文明全般を再考して、自然を大切にして
「持続性」をキーワードにした文明の創造が求められています。

そのような社会の中で約5000年前から奇跡の植物ともよばれて、人々の健康生活に
貢献してきた「モリンガ」をポストコロナの時代も、
われわれ人類が持続的に健康生活を送るための「未来植物」として書いた記事です。

コストも安く、幅広く健康生活に貢献、しかもこれからの気候変動の厳しい気候でも
生存できるという生命力旺盛なモリンガをこれからの時代を友として取り入れていただきたいと願っています。

そのことが危機的な状況の気候変動時代、栄養不足、飢餓貧困、という課題にも貢献できる
モリンガに注目し、普及して頂けることを願っています。FNN記事PDF軽

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


YAHOO!ネット基金

生命(いのち)の森づくりプロジェクト

今、世界中の森林が減少を続けています。なかでも、地球上の生物種の約半数が生息し、多種多様な生態系を育(はぐく)む熱帯雨林は危機的状況にあります。

NPO法人アジア植林友好協会では、インドネシア・カリマンタン島で、豊かな熱帯雨林の再生を目指し「生命(いのち)の森づくり」プロジェクトとして植林活動を進めています。皆さまのご支援ご協力をお願いいたします。


国連環境計画(UNDP)の
植樹キャンペーンは2007年からは
小学生の活動に移譲され、子供の環境大使が
2020年までに10兆本の植樹をめざし活動しています。
私たちはこの活動を支援しています。

ページ上部へ戻る