活動内容 project

  1. HOME
  2. >活動報告
  3. >バリ植林体験ツアー&植林祭

活動報告

2016年インドネシア植林体験ツアーが無事終了しました(速報)
2016年12月9日(金)〜15日(木)

今年もジオパークに指定されたバツゥル山の火山爆発被災地の植生を回復させるための植林体験ボランティアツアーと東カリマンタン州のボルネオオランウータンサバイバルファンデーションのオランウータン保護施設内で昨年火災被害を受けたエリアの再生植林などのボランティア植林体験ツアーを12月9日から15日までの日程で実施いたしました。
今年は日本から18歳から70歳までの9名の参加でしたが、まとまりよく行動していただきました。

12月9日に成田を出発し夕刻にデンパサールに到着し、夕食後、植林活動地のある「キンタマニー」のホテルに11時過ぎに到着しました。
翌10日は朝8時からデンパサールから来てくれた外国語専門大学STIBAの学生20名と合流し、昨年も参加してくれた学生が何人か今年も参加してくれて感動の再会ができました。
また、今年は国立キンタマニー第一高校の日本語コースの学生100名も参加してくれました。

今年初めて植林する「中バツゥ−ル」の住民の皆さんの協力の元数年前の米国のジュリアロバーツ主演の映画撮影の行われたポイント周辺の整備をかけての植林を行いました。
期間中12月5日には、今年異常気象で7月以来、雨のなかったバリに約半年ぶりの雨が降りました。
作業を始める前には降っていなかった雨が、昼前には激しくなり皆さん全身ずぶぬれになりながら、足場の悪い中、熱心に取り組んで頂き2000本を植林していただきました。

翌11日は、早朝8時より「植林祭イベント」の受付を開始し、順次植林作業を行いました。地元のボランティアグループも参加して」AGFNとSTIBA、キンタマニー第一高校のグループをあわせて約500名で4500本の植林を行いました。
樹種はこれまでの経験から成績の良い「アンププ」のみを生分解性プラスチックのBIOPOTで育苗して使用しました。この苗の活用により活着率がグーンと向上し、昨年、植林したものも90%以上が生育していて大変すばらしい結果につながっております。

今年のトピックスはインドネシア政府の林業総局長がお忍びで参加されて、熱心に植林をしていただきました。https://www.facebook.com/putera.parthama



★林業會局長のコメント要約
バリ訪問の私の目的は、この長い週末に村に一人で行って精神的な疲れの癒すためでした。
しかし、私は「地球を救うために非常に熱心に活動している若者のグループ」が「バリ植林祭」を開催している活動に参加する機会となり、自分の目的には失敗しました。
彼らは、環境を改善するために木を植えることを喜びとする努力に取り組んでいたのです。

私は、キンタマニを訪問した時点でまだ正確な植栽場所を知りませんでした。ペネロカン村についたときに目の前で、私は植栽の参加者であると思われる高校生が乗っているトラックに出会い、私は、彼らの後についていきました。そして、ジオパークの一部である黒い溶岩エリアの谷に沿って入って行きました。
そこは、唯、硬い黒い溶岩だけが一面に覆われているエリアでまるで火星の表面に似たような状況でした。私の体験の中で森林地帯にこのような溶岩で覆われた土地をイメージしたことはありませんでした。
私はこんな堅い黒い溶岩だけがおおわれている場所に植林をするなんてとても考えられないことでした。

この土地で植林に取り組む彼らは岩の中に大きな穴を掘り、穴に十分な肥料と肥沃な土壌と生分解するポットに土を充満しアンププの苗木を植えたものが準備されていました。
若い高校生や大学生が喜んでそれをその準備された場所へ運び植えていくのです。
学校や団体など約500人の参加者がありました。他にも日本からの大人たちの参加がありました。

大変歩行が困難な現場で皆さんが心を一つにして熱心に植林をされておられることに強い感銘を受けました。私は林業環境省の人間としてではなく、みなさんと同じ一人の民間人として参加していい体験をさせていただきました。
公式としてではなく、バリを愛する一人の市民として参加できたこと大変うれしく、誇りに思います。
今回の参加で、私は黒い溶岩の中でも昨年植林されたエリアで樹木が育っている現場を通って、すべて元気に育っていることに感銘を受けました。
私は孤独な一人旅の試みは失敗したものの、私はこんなにも素晴らしい体験ができたので心の疲労を軽減することには失敗しませんでした。
バリ島で、本当に地球の癒しのために責任を持っている多くの若者がいることを知ることが出来たからです。


日本から参加のみなさん
12月10日植林現場
STIBAの大学生と日本からの参加者

※詳しい植林体験ツアーの報告は追って詳報を掲載させていただきます。

▲TOP

活動内容

メールマガジン登録

植林寄付型自動販売機設置で社会貢献!! 社会貢献の一環として多くの企業が植林に取り組んでいます。 ビバ・グリーン植林ブログ